脇見恐怖症はメガネをかけると良いか?【–おすすめ有り–】

脇見恐怖症はメガネをかけると良いか【–おすすめ有り–】

脇見恐怖症の方では定位反応の抑制不全が起きているために、ついつい他人の顔を追視ししてしまうということが多発しやすいです。

そんなとき、メガネは役に立つ公算が大きい*です。(*減算式に考えて)

(関連記事:)
脇見恐怖症の人が思わず視線を向けてしまう科学的な原因または理由:

脇見恐怖症は克服可能ですが、それまでに甚大な苦痛がかかる心(脳機能)の問題です。
そのため、メガネをかけて凌ぐというのもありだと思い、当記事を記載しました。

この記事で紹介するメガネは
脇見恐怖症を幣個人指導を受けることで完治された顧客の方が教えて下さった商品群
です。

(特定のメガネを紹介することはありません。またそれによって、私の所にお金が入ってくる仕組みもありません)

脇見恐怖症のへのメガネでおすすめできるモノ

それは、ミラーレンズメガネというモノです。

脇見恐怖症の人はそもそも脇見症状のせいで、他人に不審がられる公算が大きいです。
それであれば、減算式で考えてみてミラーレンズめがねをかけてみるのは有りでしょう。

ミラーレンズメガネはメガネでもかけている人は余程ファッショナブルな方か目の色彩が青か緑で日光の光に弱い外国人が多いので、日本でかけると若干は目立つことでしょう。
(私のアメリカ人の元ガールフレンドはビーチに行くときによくかけていました)

 

しかし、
ここで考えて頂きたいのは、脇見恐怖症で他人の顔をジロジロ見て変人扱いされるのと、ミラーレンズメガネをかけてただ単に少し目立つので、どちらがマシでしょうか?

私であればメガネをかけて少し浮いた方がマシだと思います

ちなみに、
顧客の方に教えてもらった話ではその人は、
あくまでも何かの作業中、他人の目をつい見てしまう電車の中または他人と対面する食事中にのみミラーレンズメガネを使用されたそうです。

脇見恐怖症はメガネをかけた方が良いか?(モノに頼った方が良いか頼らない方が良いか?)

正直、どちらでも良いと思います。

いずれにせよ、脇見恐怖症は正しい克服法の実行によってまず間違いなく完治します。

その過程において、メガネを利用したりして、
上手く気まずいシチュエーションを乗り切っても、そうされず苦しみに向き合ってもどちらでも良いと思うからです。

脇見恐怖症の克服に言えるのは”手段を選ばない”ことが重要だということです。

手段を選ばないとは、何をしてもいいし、何をしなくてもいいということであり、
あまり、どっちでもOKという緩いスタンスを保持することを意味します。

こういう緩いスタンスの人ほど克服そして完治への道はより迅速な傾向にあります。

結論

脇見恐怖症の人はミラーレンズメガネを利用すると良いかと思います。

もちらん、サングラスを利用するというのも有りだと思います。

仕事中は両者のメガネ、レンズを利用するのは難しいかもしれませんが通勤、通学、外出中、食事中などのシチュエーションにおいては機能すると考えられます。
(職場での使用も考えている方は目の色覚の問題があるなど上司に交渉してみることをおすすめします。交渉の余地はあるでしょう)

(関連記事:)
脇見恐怖症の人はサングラスをかけると良いのか?

脇見恐怖症は自力で完治可能です。

完治させてしまえば、メガネも一切合切不要です。他人の顔をじろじろ見たり、他人の視線が気になるというようなことは一切なくなります。

脇見恐怖症を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)

c1


(画像の参照元URL)(※英語)
https://www.humpsoptics.com/blogs/news/5-benefits-of-mirrored-lenses

(Visited 235 times, 1 visits today)

ABOUTこの記事をかいた人

Masahiro Okiと申します。UCLA治験参加者。国際基督教大学(ICU)中退。 このブログを書いている者です。様々な心のトラブルの科学的な克服法を書いていきます。