脇見恐怖症で車の運転は控えた方が良い理由

脇見恐怖症で車の運転は控えた方が良い

脇見恐怖症の方の場合、改善してくるまで車の運転は控えた方が身のためでしょう。

注意力が欠如した状態での車の運転ほど怖いものはありません。

脇見恐怖症の人は集中力が弱体化していますので、
そのような状況で車の運転を行うのは非常に危険です。

(関連記事:)
脇見恐怖症はの人は集中力がない。集中力がつけば克服できる。

脇見恐怖症の人はワーキングメモリーの機能が低下しており注意集中能力が弱まっている可能性大

脇見恐怖症の人はワーキングメモリー(別名:作業記憶)の機能が低下しており
ワーキングメモリーの機能とは、注意集中力いわゆる車の運転で言えば、
不注意運転をしないようにモニタリングする機能が弱いわけです。

(関連記事:)
脇見恐怖症とワーキングメモリの重要な関係:

ですので、自信が出てくるまでは脇見恐怖症を抱えている人は
車の運転は控えた方が良いでしょう。

コラム:車の運転はワーキングメモリーの機能が密接に関わる

“たとえば車の運転では、信号、標識、走行している他の車、歩行者など、集中すべき対象への注意(持続性注
意)、変化する状況に応じて注意を転換する(転換性注意)、走行中の複数の車の両方に注意を払う(配分性
注意)これらの情報を処理するためには、ワーキングメモリ(作業記憶)と注意制御(注意力)が深くかかわ
っています。”

(参考文献:)
https://cog-evo.jp/column/human-error/

私の海外の友人は脇見恐怖症を抱えていたのですが、
車の運転で軽微な追突事故を起こしてしまいました。
(ローカル紙に名前が出ました)

まとめ

こういう事例もあり、
脇見恐怖があるので車の運転は治るまで控えるのが安全だと言えます。

せっかく取得した運転免許証を台無しにしないために
脇見恐怖症はきっちりと治してしまうのが得策です。


克服の方法はこのブログにあります。

実践されてみられてください。
私の方法で大きな効果があったという話を私のYouTubeチャンネルのコメント欄に
書き込んだ人も多くいます。

又、顧客の10代の女性の方の母親から先日、「完全に娘の脇見恐怖症が治った!」との
ご報告を受けております。

信じられないかもしれませんが、
このように脇見恐怖症は克服することが可能だ※ということです。
(※正しいアプローチ法を用いた場合)

脇見恐怖症を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)

c1
(Visited 81 times, 1 visits today)

ABOUTこの記事をかいた人

Masahiro Okiと申します。UCLA治験参加者。国際基督教大学(ICU)中退。 このブログを書いている者です。様々な心のトラブルの科学的な克服法を書いていきます。