カンニング恐怖症とは?【わかりやすい】

(最終更新日:2020/06/14)

カンニング恐怖症とは?

カンニング恐怖症とは、「試験やテストなどでカンニングしてしまうのではないか?」と考えてしまう症状を主なモノとし、専門的には脇見恐怖症の一種に分類され嫌疑恐怖症、視線恐怖症と呼ばれることもあります。

カンニング恐怖症の心理と特徴:

テストや試験でカンニングをして教師または試験官にバレれば自分の今後の行く末に大きな傷跡を残すことがあります。例えば、センター試験でスマホを使用してカンニングした人は全国ニュースで報道されてしまいます。(未成年であれば実名報道はされませんが)

カンニング恐怖症の人ではカンニングをしてしまうのではないか、あるいは、してしまったのではないか?という強迫観念に捉われ、身動きが取れなくなったり、実際に試験官や教師に自分はカンニングしたのではないかと、確認してしまう人もいます。


これは、強迫性障害の一種、加害恐怖に類似する特徴です。


脇見恐怖症の一種として


視線恐怖の中に脇見恐怖症というものがあり、脇見恐怖症の人は自分には意図しない形で、自分の視覚が認識したものを凝視してしまうという特徴を抱えています。

ですので、自分の席の人の回答用紙を意識すると自然とそこに目が行ってしまいます。本人はそれを自分の意志でこらえるため、実際にカンニングしてしまうことは、まずありませんが、意識がそれた状態で集中することは非常に難しいので、それにより成績が振るわなくなってしまうことは少なくありません。

嫌疑恐怖症の一種として

嫌疑恐怖症とは他人からどう見られているかを過剰に気にしてしまう社会不安の一種です。

嫌疑恐怖症の人は友人、恋人特に教師、警察官、試験官等の一般に権威者から自分がどう見られているのかなどの世間体を感情に気にし、それによって社会生活に支障が出やすいといわれています。

例えば、先のカンニング恐怖の話では、カンニングをしていないのに、もし自分がカンニングをしていたらどうしよう、といてもたってもいられなくなるのです。これはノイローゼの一種で、専門には加害恐怖[1]と呼ばれることもあります。

この特徴は過剰に「他人から良い人間であると見られたい」想いの裏返しでもあります。

まとめ

カンニング恐怖症の人はそこまで多くは存在しませんが、もともと脇見恐怖等の視線恐怖を抱えている人や強迫性障害の傾向にある人では、カンニングをしてしまったのではないかといてもたってもいられない気が狂いそうな不安感に慢性的に悩まされている場合が少なくありません。

そのような方は、当ブログで紹介しているそれを克服するための方法論を今すぐ実践されられてください。

https://www.igu2014.org/  ←ブログ記事一覧へ戻る

参考文献:
[1]: https://www.psychologytoday.com/us/blog/all-things-anxiety/201908/ocd-does-not-lead-terrorism

(Visited 201 times, 1 visits today)

ABOUTこの記事をかいた人

Masahiro Okiと申します。UCLA治験参加者。国際基督教大学(ICU)中退。 このブログを書いている者です。様々な心のトラブルの科学的な克服法を書いていきます。