脇見恐怖症をヨガで改善する方法【—最新版—】

脇見恐怖症をヨガで改善する方法【—最新版—】

脇見恐怖症の改善にヨガは効果的です。
なぜかと言うと、

✅筋肉の硬直度と精神状態は正比例の関係にあるから
です。

すなわち、

 

心身が緊張していればいるほどあなたの体の筋肉は硬くなっています。
逆にあなたの体の筋肉が緩み、柔軟になればなるほどあなたは緊張しづらくなります。

緊張しづらくなれば、脇見恐怖症は当然、改善されるというわかりやすいメカニズムです。

 

ちなみに、脇見恐怖症などの心の問題にヨガや運動の習慣をつけることが効果的だとネット上、書籍上ではじめに推奨したのは“私”です。

c1

(我が物顔でパクっている人があまりにも多いのですが、パイオニアとしての足跡はリスペクトしてほしいところですね(笑))

 

脇見恐怖症の改善に効果が見込めるヨガのポーズ

✅脇見恐怖症の改善に効果が高いポーズ、すなわち不安を軽減するのに有効なヨガのポーズは前屈系のヨガのポーズです。

前屈系は副交感神経刺激なので、リラックスを誘発します。
後屈系ポーズは交感神経刺激なので、緊張を煽ることになります。

ハラ・アーサナ

前屈系ヨガポーズで最も初めにマスターすべきポーズです。(※最重要)
床に足先をつけた状態ができるようになることを目指してください。
足先を床につけた状態で15秒~30秒くらい耐えます。

休みを挟んで、
数セット行えると良い
です。

不安の減弱に素晴らしい効果が見込めるヨガのポーズになりますので、

脇見恐怖症で悩まれている方にもおすすめです。

パスチモッタ・アーサナ

学校の体育の時間で行った前屈運動と同じ類のモノです。

ストレッチはアメリカの学者がインドのヨガを参考にシタモノなので似たものなのは当然ですが
、このポーズのポイントは以下の通り。

✅背筋を伸ばした状態のまま、前屈していくことです。
背筋を丸めた状態で、前屈しないでください。(腰痛の原因になります)
膝裏が痛ければ膝は丸めて構いません。そのうち、柔軟になっていきます。

このポーズは膝う裏を伸ばすことよりも、腹筋、鳩尾周りの拘縮(かたまり)をほぐすことが目的です。ここがほぐれると、不安は減弱していきます。

1セット数十秒で数セット行えると良いでしょう。

結論

脇見恐怖症の改善にヨガは確実に効果的です。
もちろん、
ヨガではなくストレッチも脇見恐怖症に効果が期待できます。


追記:脇見恐怖症をストレッチで改善する方法

おススメなのは、上述してきたヨガのポーズに合わせて
首のストレッチを行うことです。
首のストレッチにはヨガの逆立ちのポーズが良いでしょう。


壁を使って行えば簡単です。すぐに壁も不要になります。

逆立ちは空腹時に行ってください。
また、無理はしないでください。

追記します。


私は他のブログでもヨガについては詳しく書いています。

同じような記事を多数書いており、今この記事を書いていて、正直、うんざりしています。

時間のある時に、改定・加筆していきます。(詳しい情報、解説を現時点で得たい方は私の他のブログをご照覧ください)

脇見恐怖症を自力で克服 (←ブログ記事一覧へ戻る)

c1
(Visited 235 times, 1 visits today)

✅脇見恐怖症を克服する
個人指導

海外有名大学「UCLA」の治験に参加した唯一の日本人が治るまで半永久的に対応します。

ABOUTこの記事をかいた人

Masahiro Okiと申します。UCLA治験参加者。国際基督教大学(ICU)中退。 このブログを書いている者です。様々な心のトラブルの科学的な克服法を書いていきます。